中間管理職から見た高卒・ニートについて

 私は大卒の中間管理職です。まず高卒の入社希望者についてですが、大卒に各部分劣ってしまうというイメージが付きがちですが、実際には必ずしもそうではありません。確かに学力という面では大卒が有利ですが、専門知識という面では高卒でも十分に採用する価値があります。例えば私は普通科の高校を卒業し、工業科の大学へ入学しました。私の友人は工業科で高卒で就職しました。大学卒業後話をしてみるとその友人は大卒の私よりも多くの知識を得ており、しかもそれに私にはない社会人としての経験も積んでいます。四年間、大学で専門知識を得るのと社会に出て実際に仕事をしながら学んでいくのでは実際にはどちらがいいのでしょう。

<注目サイト>
高卒の就職支援サイト
http://xn--1kr69r7u5aybw.asia/

 どちらの道を選ぼうとも結局のところ本人次第です。ですので私は高卒の人達には大卒にない魅力があると感じています。しっかりと目標を持って社会に出るのであれば高卒が不利ということはありません。考え方によってはプラスに持っていくことも可能です。大学で新たな知識を得るよりも実際に社会に出て経験を得たい、こういうことがしてみたい等自分の考えをはっきりと伝えることが出来る人財は採用したいと思うものです。企業・業種によっては学を重視する会社もあるかと思いますが、多くの企業では本人の積極性が最重要点となっているように感じます。