ホンネで話す転職の面接の成功方法

 転職先での面接の場合、嘘ばかりのような建て前ばかりを並べていても、すぐに面接官に見破られてしまいますよね。だからと言って、全てホンネで話す事もできず・・・。そんな時は上手にホンネを利用して、話を進めて行く事がポイントになってくるのです。

人間関係が理由での転職の場合

 人間関係が理由で転職する場合、その事を正直に言ってしまえば「我慢の足らない人間」と思われかねません。そうならない為にも、人間関係=仕事内容と言った事に置き換えて話してみるのです。例えば、上司などが気に入らなかった場合は、上司が嫌いなのではなく、仕事内容、仕事方針の違いがあったなどと言ったように、人ではなく仕事に置き換えて、前の会社の問題点を伝えるようにします。

マイナス思考ではなく、プラス思考で!

 今まで会社で行って来た実績において、正直、「あまり好きではなかった」や「つまらなかった」と思っていても、その事をそのまま正直に言う必要はありません。今までの実績を活かし、それ以上の仕事を行いたいといったようにプラスに話を持っていく事で、随分、話のイメージが変わって来ます。

絶対にNGな事

 いくらホンネとは言え、前の会社の悪口や愚痴は、絶対にNGです。これだけは、いくらホンネでも話す必要は一切ありません。