ブランク期間は転職に不利にはならない

シニア世代になり退職して次の転職までの期間、だいぶ空いているという場合は転職に不利になってしまうものでしょうか。

そのブランク期間中に何をしていたのかをプラスに伝える事ができれば、不利なブランク期間を有利なものとして転じさせることもできます。例えば、留学や資格取得のためにブランクが空いているのであれば、転職するための新しい知識と技術を身につけるための期間でした、という強いアピールになります。逆に体調を崩して療養中だったという場合でも、回復するまでの間に行った治療やリハビリで精神的に強くなった、忍耐強くなった、というような内面のアピールもできます。

[参考]
シニアの求人が多い求人サイト情報
http://xn--ccke4cg2go6574c8m9b.jp/

長期旅行や好きな事をやっていて、というような理由でも、旅行中に知った新しい文化や出会った人から学んだ事、自分が成長した事などをアピールし、転職に活かせるという点を伝えられれば、ブランク期間は何も転職に不利になる事はありません。前職から次の転職までに期間が空いている人は、面接の際に必ず質問されますから、単純に○○をしていましたという報告ではなく、そこから何を身につけたか、それを仕事に活かせるというプラスのアピールポイントをまとめておくことが大切です。ブランク期間中に何をしていたかではなく、何が成長したのかという部分が転職成功の鍵となるのです。